MOON of THE WHITE NIGHT

アクセスカウンタ

zoom RSS フットサルの大会

<<   作成日時 : 2005/12/19 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フットサルの大会

 今日は会社の同期に誘われて、フットサルの大会につれていってもらいました。今回はいつも一緒にやっている会社の同期のメンバーのチームではなく、以前2、3回ほど対戦相手としてプレイしたチームの方と一緒に試合に参加します。つまり、交ぜてもらいました。

 大会の大小問わず審判がいて、時間を区切っての「試合」はやっぱり緊張感があります。相手も当然真剣で、いつものように簡単にプレイさせてくれません。3試合やって4チーム中3位でした。まずまずの成績だったと思います。チームに女性がいたチームは4チーム、うちらだけでしたし、チームの盛り上がり度は1位だったと思います。チームの皆さんもとても良い方ばかりで、試合をみているときもいろいろお話できました。
 今更技術の向上は難しいかもしれませんが、スタミナだけは今からでもつけれると思うので、普段の食習慣、生活習慣を見直したいと思います。暴飲暴食を繰り返し、体がとても重く感じます。

また次回が楽しみです。

 一緒に参加した同期のY君と、往路復路の電車内で、会社や仕事に話をメインにしてました。会社内で「おかしい」と感じるところの共通点は似ており、それについてどのようにしたらいいのか、という話題が焦点でした。一体、何のために仕事をしているかもう一度原点に戻って考える必要があると思います。上司から命令するから仕事をするのか、仕事をしないと給料をもらえないから仕事をするのか、自己満足のために仕事するのか、諸所あるとは思いますが、私の周りを見回しても原点を見失っている上司・先輩は多いです。
 過去に何回も議論になったことがあります。私は議論対象をとことんボロクソに言ってしまう時があり、最近自重しているのですが、自分は絶対間違っていないという自信があるときは、やはり強く主張してしまいます。丁寧に主張しないといけないと思いつつも、「悔しい」と感じる気持ちはどうしても感情に出てしまいます。
 会社内では皆さんがそれぞれの職場で仕事をしていると思いますが、自分自身の価値をもう一度考えてほしいなぁと感じました。頭を使って考えることに価値があるわけで、頭を使わないただの作業はいわゆる「作業スキル」さえあれば誰でもできるわけです。「作業スキル」のレベルが低いのであれば、高い給料をもらってる人がやってはいけないわけです。人から細かく指示されて、つまり言
われたことだけをやるのは、とても簡単でしょう。リスクも少なく、なにしろ思考することが少ないからです。(指示の内容の深さにもよりますけど)
 そんな仕事を生業としていたら、いけませんね。何故頭があるのか、人の価値はどこにあるのかを常に考える必要があると思います。
 「あなたの腕の見せ所はどこにあるのか?」と聞かれたときに、即座に答えられる人がどれだけいるのでしょうか。。。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フットサルの大会 MOON of THE WHITE NIGHT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる